飛んでけすなぎも

小さな最年長へ、飛んでゆけ

A.B.C-Zに息の根を止められた

2017年4月25日、A.B.C-Zファースト写真集「五つ星」が発売されました。




台湾と東京で撮影されたその写真集は、アイドルの写真集という枠を良い意味で裏切っている出来栄えだった。














写真集を見た私「っていうかめちゃくちゃ殺し屋パロできるやん」




そうなんですよ、今回の写真集、めちゃくちゃえっちで、とにかくもうえっちなんですけど、撮影場所の台湾の雰囲気もあいまってA.B.C-Zが裏社会で生きる殺し屋に見える!!!厨二病の妄想癖持ちな面倒くさいヲタクにはもう、殺し屋に見える!!!!!



今回、出版社である東京ニュース通信社さんは営利目的でなくとも写真集の内容を無断転載する事は固く禁じています。

Twitterでは「#五つ星画伯」というタグにて最高の写真集の内容をとにかくみんな拡散しているのですが、私には絵心がない、ピアノもない。君に聴かせる腕もない。心はいつも半開き。



なので、今回の写真集を見て妄想してみました。















※死ネタや暴力的なのが苦手な人は無理しないで下さいね。




















Fumito Kawai



睫毛が美しいな、初めて彼を見た時にそう思った。




思わず見とれて、ふと重なるお互いの視線。そこから堕ちていくまで、振り返るとあっという間だった。

目まぐるしく、順調に深まっていく恋は、今思えばまるで機械仕掛けの人形劇のようだった。

彼が笑うと、長い睫毛がさらに柔らかく跳ねる。それを眺めるのが大好きだった。








彼は、銀色に冷たく光る刃先を私に突き立てる。最後の一瞬も、私は思った。









「あなたは、美しい」











Shota Totsuka


どこかあどけない顔立ちに、フワフワした髪の毛。しっかりした青年のはずなのに、どこか寂しげな彼を放って置けなかった。


彼は本が好きだと言った。私が見た事の無い演劇について、ずっと語る事もあった。夢のような、嘘のような出来事も、彼から発される言葉はすべて信じられた。



目を細めて無邪気に笑うその笑顔が、夜の狭間抱きしめながら顔をのぞきこんでくるその瞳が、いつも純真に思えて、愛しかった。










”荷物になったモノ”を運び屋に渡し、報酬を受け取って彼はニヒルに笑う。仲間が言った。









「アイツは役者だからな」










Ryoichi Tsukada


エキゾチックな顔立ちに、くりくりとした瞳。昼間の眩い光の中で彼はのびのびと踊っていた。

太陽の強い陽射しをも跳ね返すぐらい、強い力で。光が強ければ影はその分深く濃くなる、そんな世界なのに。


月明かりに優しく照らされた彼の身体。くっきりと深い影が白い肌を際立たせていた。さっきまでの子供みたいな表情は造り物だったのかと思うくらい、その表情には成熟した美しさがあった。




彼の勧めで嗅いだ甘い匂いのお香に、だんだん体の感覚がなくなってきた。

眠たいのか、眠たくないのかも感じられない。ただ彼の口元だけをぼんやり眺めていた。








「おやすみなさい、いい夢を」











Koichi Goseki



その瞳の奥は無表情で、怒っているのか笑っているのかもわからない。彼は、これでも楽しんでいると言うのだけれど。

初めて見た時からその正体には気づいていた。彼の本当の姿を知っている事を伝えた時「ああ、そう」と何故か照れくさそうに彼は言った。




その無表情な瞳に見つめ返されたら、それ以上は問い詰めることもしなかった。







人生の幕引きは、穏やかな彼のそばで華麗に散りたいといつしか思い始めた。

細いけれど、しなやかでがっしりとした腕に包まれながら、目を閉じる。優しく彼が見つめてくれているのがわかる。ああ、私は










「こんなにも最期が、幸せ」











Ryosuke Hashimoto




背の高い彼はいつも私の手を引いてくれる。大きな手で、包んでくれる。


その先が正解なのか、間違っているのか、考えることも最近はしなくなった。

ただ包んでくれる大きな手が愛しかった。


たまに、大人ぶった仏頂面がほどけてくしゃっと笑う顔が可愛らしかった。もっと笑えばいいのに、そう言うと決まってまた仏頂面に戻るから、何も言わずに一緒に笑った。


時々見せる不器用に思い悩む姿を、ずっと見ない振りをした。


悲しげに繋いでくれた手を、優しく握り返した。


長くなる話はあまり好きじゃない彼だから、何も言わずに握り返した。

彼には、自然に笑う笑顔がとても似合っていたから。











喉元を締め付ける彼の愛おしい大きな手。伝わる体温が、ただ愛おしかった。










「ほら、笑って見せて」





















もうね、今回の写真集はどの写真も、メンバーの誰が写っていても目にした瞬間グッと惹き込まれて、目を逸らせなくなる仕上がりなんですよ。


厳しくも温かい大地にしっかりと根を張って、雨に耐え風に耐え、今この瞬間に強い陽射しに向かって大きく葉を広げようとする青年達が、間違いなくそこに居ます。


殺し屋っぽい写真だけじゃなくて、めちゃくちゃ可愛いキャピキャピ絡んでる写真とか、何よりテキストがめちゃくちゃ読み応えあるのでそこも見てくれよな!!






読み終えて強く思ったのが「今」の彼らを「今」見るべきだという事。





この瞬間、この時に彼らを感じるべきだ。





そう強く思いました。


今を見逃したら、今感じているこの気持ち全てを余すことなく感じる事はできない。これは絶対にね。





本当に、一人でも多くの人に彼らの姿を見て欲しいと思います。そして一人でも多くの他人の心をギュッと掴んでほしい。いや絶対見たらもう離れらんなくなるよ、覚悟して。






かっこいい写りの写真1枚を撮影して、SNSやブログに貼り付けることは指先一つで出来ることだし、それを見て「ああカッコイイ」と呟くことは容易いです。



でもどうにかして誰かに、この写真集を買って読んだ瞬間の気持ちを、ページを捲った時の指先の感触や紙の匂いと共に伝わる感動を伝えたかった。




これを読んでくれたあなたが少しでも、A.B.C-Zを気になってくれたなら、書店や通販で「五つ星」手に取り、カゴに入れてくれる気になったならとても嬉しいなあと思います。









是非みんな!!!穏やかな春の夜にA.B.C-Zに息の根止められてみてくれよな!!!

舞祭組ちゃんのハイタッチ会に行ってきた話。

 

2017年1月7日、私は早朝から仙台行きの新幹線に乗っていた。

 

深夜0時に「舞祭組ちゃんが名取でハイタッチ会を開く」という情報をavexさんのブログで読んだ数時間後の事である。

 

平日の仕事の際は15分早く起きるのですら苦痛なのにこの日は飛び起きて、仕度をして新幹線に飛び乗った。連休の初日、自由席に空きはなく二駅ぐらいならいいか…と連結部分で立ったまま外を眺めていた。地元の駅からすでにチラホラ団扇と愛叫魂のツアーバックを肩から下げた女の子達を目にした。田舎ではジャニヲタってだけで絶滅危惧種なのに地元にもいるじゃん、キスヲタ…。

 

私は普段、自担以外の現場に殆ど行かない。番組も、コンサートも専らずっと担当である北山宏光くんだけをずっと追っている。キスマイちゃんの事はメンバーみんな、とても好きだ。しかし、一挙一動を見逃したくないのは北山くんなので自然とずっと集中して見ている。

 

今回ハイタッチ会が急に始まった時、東北で開かれるのではないか…とヲタクの間で考察があらかじめされた。ТLに「今日は〇〇と〇〇だから次はどこだ」「明日はきっと〇〇ではないのか」という呟きやメンバーの目撃情報がいくつも流れてきた。

 

以前にもキスマイはハイタッチ会を開いた。その時は舞祭組だけでなくメンバー全員で全国を回った。その時、私はシフト制で土日ではなく主に平日休みの仕事をしていた。

どうしても、どうしても仕事を抜けることが出来なかったのと、北山くんが長崎という遠い地でハイタッチ会に出たという情報を聞いて「参加しなくても良いか」とその時は気持ちに折り合いをつけた。

 

「玉ちゃんの手が柔らかかった」「宮田くんが王子様だった」「千賀くんの肌の画質がFFだった」

 

そんなレポが次々とТLに流れてきた。読めば読むほど私は「あれ、コレ参加したら良かったんじゃね?」とめちゃくちゃ思った。いやだって、誰が来るかはわかんないけど玉森くんめっちゃ顔かっこいい(顔だけで言ったらどストライク)し、何この流れてくるキスマイちゃんの対応レポ。ええっ、私はなんでせっせと電話対応なんかしてんの?とめちゃくちゃに思った。

 

2016年、忙しすぎる職場に嫌気がさして思い切って転職した。今度はシフト制ではないものの土日休める会社になんとか就くことが出来た。

 

「土曜日に舞祭組がくる」「会場はそんなに遠くない東北」「始発かもしくは始発に近い新幹線ならハイタッチ券はゲット出来るはず」

 

北山くんは来ない、絶対に来ない。フロント担がうんぬんなど舞祭組ちゃんが活動する毎度の如く流れるようなプチ騒動もあった、普段から「渉ちゃん可愛いねえ」と時々愛でている横尾さんの事でちょっとヲタクがざわついたけど、けど、けど…

 

 

ハイタッチいくしかねえっしょ~!!!

 

 

 

会場に付いたのはハイタッチ券付きCDが販売開始されてから少し時間が経ってからだった。もう既にラジオの公開収録の整理券は配布終了となっていた為か、あまり並ばずにCDとハイタッチ券をゲット出来た。

 

 


f:id:prpr1632:20170112222901j:image

 

 

公開収録前にハイタッチの列に並ぶ。公開収録の整理券こそ持っていなかったものの、少し離れた場所からラジオ公開収録を見ることが出来た。

 

 

 真冬の朝からだだっ広いイオンの駐車場に並ばされるヲタクと、少数のちょっと興味があるから来たらとんでもねえ場所だったぜ…な一般人。コンサートで言ったら「センステ結構近くね?見やすい~」ぐらいの距離にあるステージカーがめちゃくちゃ哀愁を帯びていた。

 

 

舞祭組ちゃんが登場すると、黄色い歓声が上がる。サラサラストレートヘアの俊哉、少し寒そうな短髪の声がでかい高嗣、色が真っ白で金髪が映える千賀くん、そして声ガッサガサで腰も痛いバイト連勤明けみたいなコンディションの横尾渉

 

 

あああ~、めちゃくちゃ舞祭組ちゃんかわいい~!話すこと話すこと可愛い~!しぬ~!

 

主に今回の舞祭組の楽曲「道しるべ」の制作についてとそれに伴う合宿についての話をしてくれたんだけどダントツ可愛くて母性をくすぐり倒されたのがこのエピ。

 

 

 

えっ何この子可愛いんですけど…!?

 

私はとにかく同年代の男子には興味が持てなくて、ずっと北山くんもしくは兄組を見てきたんだけどこの時の千賀さん本当に可愛かった。語尾を微妙に甘えた感じで伸ばしながらテレテレして(デレデレではない)客席を見つめつつ言ってて「なんだこの箱入り息子」感がすごかった。母性がギュンと高まった。

 

収録の後、棚ぼたと道しるべをメドレーで歌った。ステージカーはとても小さく、スペースが無いためまさかのダンス無しの棚ぼた。音響設備もブチブチと時折音が入るくらいの環境だった。「さっき歌いながらトラックの運転手と目が合って気まずかった」と高嗣が言っていたけど傍から見たら本当にこんな駐車場でトラックを囲んで何の集まりなのか大変疑問を持ったと思う。

 

 

 

さあ、いよいよハイタッチ会の始まりである。公開収録前に列を作った為か、ハイタッチ券だけ手にした人達の列は生の舞祭組に興奮しすぎてぐっちゃぐちゃだった。もうコレ列なのかわかんねえなと思いながらなんとなく譲り合ってハイタッチのレーンへ流れ込む。事前に荷物検査がある旨を伝えられていたがジャニーズコンサートの入場時のような「カバンに手を入れていいですか~?」的なのは一切無かった。リュックで来た私に至っては全く中身を見られることがなかったので警備のザル具合には少し驚いた。

 

スタッフにハイタッチ券を渡していよいよついたての向こうにいる舞祭組ちゃんと対面である。

 

 

 

 

千賀健永かっわいい~~~!!!!!!!!めっちゃこっち見とる~~~!!!!! (フォント323万)

 

 

入口から千ニカ宮横の順で待機してる舞祭組ちゃん。ハイタッチする前から既にめちゃくちゃニッコニコしながら手を出してお迎えしてくれたのがけんぴぃ(萌)でした。

意を決していざハイタッチに進むとメッチャクチャ顔が小さい。体もゴツゴツしてるかと思ったらめちゃくちゃ細身のスーツ似合う。なによりあの黒目がちなくりくりお目目で思いっきり顔を覗き込んでくる。

 

ウ、ウ、ウワ~!!!ロイヤル可愛いよ~!!!

 

超絶近くで見ても全く毛穴が感じられない。毛穴レス千賀健永。思わず漏らした感想がこちら。

 

 

 

けんぴぃイズダイヤモンド(?)

普段めちゃくちゃゴリラゴリラ言ってたけどちがう、これは絶世の美ゴリラですよ皆さん…。東北民でも打ち震える寒さだったのに終始ニコニコ優しい表情で目を合わせながら「ありがとお~」ってソフトタッチしてくるけんぴぃ(萌)に見とれてしまって、あんなに前の晩から「千賀にはコレ言って、渉ちゃんにはコレ伝えて…」って考えていたフレーズが見事に飛びました。美しさって罪ね。

 

 

 

しかし舞祭組ちゃんのハイタッチはこれから。けんぴぃ(萌)とのハイタッチを終えて間髪入れずに現れるのが俺達の弟、二階堂高嗣なんですよ。いつもステージの上ではしゃぐ高嗣。藤北に追っかけ回されて膝を擦りむく高嗣。玉森きゅんにメイキングで突っかかってこられて言い合いをする高嗣。そんな可愛らしい高嗣をいざ目の前にしたら

 

 

 

 

 

えっ、めちゃくちゃ背高い歳上の男の人やん。

 

 

 

 

そうなんですよ、いつもステージの上で見てるけど改めて同じ地上というフィールドに立つとめちゃくちゃ高嗣を見上げる形になってしまって。「これが、これが高嗣にぃに…」ってなるんですよ。さっきまでステージカーの上で「MVの監修をしましたエッヘン!(*`∀´*)」ってしてた永遠のショタがめちゃくちゃかっこいいお兄さんで胸の高鳴りが抑えられなかった。

 

高嗣にはね、カウコンで見たアンダルシアがとてもかっこよかったのでそれについて伝えたいなと思っていたんです。愛叫魂の安静(藤北ユニット曲)の前にやっていた、高嗣がひとりで踊ったFlamingoダンスもめちゃくちゃ綺麗で。どんなにガサツに振舞おうと、手足がとても長くてふんわり踊る彼はやっぱりジャニーズ事務所のアイドルなんだなって強く思ったので、ダンスがかっこよかったと彼にはとにかく伝えたかった。

 

いざ自分の番になって、話しかけようと思ったらめちゃくちゃ高嗣は高嗣にぃにで。顔の造りも一番ホリが深いなあって。ちょっと頭が大きめなんですけどとにかくパーツがひとつひとつクッキリしてるんですよ、高嗣にぃに。ああどうしよう、声を出さなきゃ、自分の番だ、高嗣、高嗣…。いざ手を伸ばした時唐突に高嗣が

 

 

 

 

芦田愛菜みたいだねえ~」

 

 

 

 


f:id:prpr1632:20170113231509j:image

 

 

 

 

私「!?!?wwwwww??wwwwww」

 

 

前にいた親子連れの子供にハイタッチしながら真顔で次の人(私)を見つめて言い放つ高嗣。感情を込めろ抑揚をつけて話せ芦田愛菜さんには敬称をつけろ高嗣。なかなかの早さでハイタッチ会は捌かれていたんだけど、瞬時に子供も親も喜ぶフレーズが出るあたり高嗣には瞬発力が何よりあるなあと思いました。

 

 

 

高嗣のおかげでアンダルシアの下りはどっかにすっ飛んで「ありがとうございまヴェッwww」ていう変な声が出ました私はキモヲタです本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

芦田愛菜を引きずりつつ剥がしに促されるまま足を進めると現れるのはサラサラヘアーの宮田俊哉。今年の目標は何処かの国の王子様になりたいと先ほど公開収録で声高らかに宣言していた人。

 

 

 

 

 

 

俊哉~!!!いやもう既に王子様ですやん~!!!

 

 

とにかくサラッサラで自然光でもキューティクルつやっつやの美髪をふわっと靡かせる色白の王子様がそこに居た(瀕死)

 

俊哉はとにかく優しかった。自分より前の人の対応も視界の隅で把握出来たんだけどとにく目線を合わせる、合わせる、合わせる!スラッとした身体をすこし屈めたり横から覗き込んだりしてとにかく視界のど真ん中でふんわり笑いながら「ありがとうね!」って言ってくるのがプリンス宮田俊哉でした。

 

バイバイ目が合うってなんだか照れてしまって俊哉のプルシェンコ鼻を見上げていたのにふわっと屈んで顔を思いっきり覗きこまれたから「いつもありがとう…」って口に出すのがやっとでした。

 

「うん、ありがとう!」って満面の笑みを見てこの人は美貌だけで一つ国を滅ぼす事ができるしきっとそれは容易いので王位を継承したらこの世は乱世になるなと確信しました。

 

 

 

 

色白スーパー王子様からもらった胸キュンを大事に抱えていざ、最後の砦へ。日頃から私がTwitterで「渉ちゃんカワイイ」「渉ちゃん末っ子気質」「渉ちゃん渉ちゃん」「本当にもう渉ちゃんは」って猫可愛がりしてる男、横尾渉の登場だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横尾渉、全然こっち見ない事件発生。

 

 

 

室井さん、事件は会議室で怒ってるんじゃない、イオンモール名取のだだっぴろくてクソ寒い冬の駐車場の片隅で起きてるんだ。

 

渉ちゃんはめちゃくちゃ次の人を見ながらハイタッチするので必然的に現在触れてる人をノンルックになるんですよ。マジで。

 

もうなんか、ここまでの道のりでいくら言葉を練ろうが考えようが本人を目の前にしたら何も出来ない事はわかっているからシンプルに一言伝えようと思って意を決してあの長い指を触りながら伝えた一言が

 

 

 

私「す、好きで…」

 

渉「ありゃと~~(アウトオブ眼中)」

 

 

 

聞いてねえwwwwwwwwwwwwwww横尾渉絶対聞いてねえwwwwwwwwwwwwwwwwwエエッ?wwwwwwwwwwwwwwwwww

 

自分でもわかるくらい顔が熱くてマフラーも巻いてたしきっとほっぺ赤くなって可愛らしく伝えられたと思ったんだけど肝心の本人めちゃくちゃ横向いて聞いてなかったと思う。私の食い気味に返ってきた「ありゃと~」ってなんだよ、エビフリャーかよ。横顔めちゃくちゃ綺麗だしエクボもめちゃくちゃ肉眼で見れたわ眼福。

 

 

 

 

~剥がしに促されてジ・エンド~

 

 

 

ハイタッチし終わったらすぐに退場してくれというスタッフの支持を聞きつつフワフワしたまま最寄り駅まで歩きました。

「ウワア、めちゃくちゃ舞祭組ちゃんに触っちゃったよ…」ってマフラーの中で抑えきれずにニヤニヤしつつ、一人で来た為に誰にも伝えられないこの高揚感をどうしようかと思ってました。途中、橋があったんですけどその下泳いでるカモの群れにパン工場ごとパンあげたい気分でした。

 

 

電車に揺られながら同じくハイタッチ帰りのヲタク達の「〇〇だったねえ」「〇〇だねえ」という感想を耳に、アイドルはやっぱりすごいな、こんなにも人に活力を与えるのだなとしみじみ。

 

正直、舞祭組ちゃんの企画には賛否両論があって、ヲタク一丸となってまるっと全部「イイネ!」とは言えない状況が未だあると感じています。該当担ではないものの、両者の気持ちはどちらも一理あるというか「ああ~わかる~…」って呟いてしまいます。形や表現が違えど、私もアイドルが大好きでこうして応援しているから。

 

だけど、今回一瞬でも実際に触れ合って、少しだけだけど本人達の言葉で話を聞いて、一生懸命頑張っているんだという事だけはめちゃくちゃ伝わりました。

 

 

 

私が、私たちが好きで応援しているあの人は、めちゃくちゃ頑張ってる。

 

 

まだまだ難しい問題もあるし、2016年は色んなことがあった年だったけどただ一つ私が今思うのは「彼らのやりたい事を応援したいな」という事です。

 

 

ジャニヲタになってから大分長い時間が過ぎていきましたがまだまだ、彼らが目指す世界を一緒に見ていたいな、これから待っているであろう景色を一緒に見たいな。

 

 

すごく寒かったはずなのにホッコリとした気持ちでその日は帰路につきました。